このマルタカローンという金融会社はヤミ金です。取り立てにあったら即通報。

ヤミ金とは、貸金業法における無許可営業をするものの事で、違反者には最高で10年以下の懲役、若しくは3千万円以下の罰金が科されます。

ネット上には「他社に断られた人でも貸します」という触れ込みの金融サイトがたくさんありますが、そのほとんどがウソの登録情報を載せて、正規の金融業者を装った、ヤミ金の類です。

お金を貸してくれるサイトは皆無。ヤミ金という名の詐欺集団です。

このマルタカローンという金融会社もヤミ金です。

f:id:tanakdm:20171215191916j:plain

このマルタカローンから、万一、お金を借りられることができたとして、法外な利息を請求されるでしょう。

しかし、利息制限法という法律では、10万円以下で20%、それ以上では18%と利息の上限が定められています。それ以上の利息は支払う必要はありません。

マルタカローンからの借り入れは返済の必要なし

それにこれは正規の業者に対してのものですから、無許可のヤミ金には返済する必要はありません。最高裁判所の判例でも元金の返済必要なし。マルタカローンから借り入れがあれば、返済の必要なしです。

ヤミ金が業者ではなくて個人間の貸し借りだといったところで、その上限金利も決まっているので、それを超える金利を支払ったなら、5年以下の懲役、若しくは1千万円以下の罰金ですので、言い逃れはできません。

もしもヤミ金の取り立てに苦しんでいるなら、警察と弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。

弁護士や司法書士は費用が掛かったとしても、すぐに解決してくれます。警察は費用は掛かりませんが、すぐには動いてくれないので、気休め程度ですね。

ヤミ金も数万円のために5年以下の懲役、とか10年以下の懲役とか嫌ですから、あっさり引き下がるでしょう。そんなことが解らない馬鹿なヤミ金もいるかもしれないので、念のために警察にも通報ですね。

マルタカローンはヤミ金です。お金は貸してもらえません。正規の金融会社でもテレビでコマーシャルしていないような小さなサラ金でも、ルールは守って届けも出して、取り立ても法律を守って行っています。

借りるところがなくて困っているなら、小さな金融会社に申し込んでみて、ダメなら法的に整理することも検討したほうがいいです。

お金の悩みは本当につらい。たった1万円で心救われることもあるくらいです。生活の立て直しに相談に乗ってくれる弁護士や司法書士はたくさんいます。いまは無料で相談に乗ってくれるところもあります。

毎月の返済額下げたい、もうこれ以上、支払っていくのは無理だ、そういった判断は専門家がちゃんとしてくれます。悩んでないで相談です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です