とっても大切なお金の話、正規のローン会社情報

22歳から30歳まで消費者金融で働いていました。お金って、とっても大切ですね。ヤミ金の情報や、実際に借りられる消費者金融の情報が盛りだくさん。正規のローン会社の情報も。

債務整理すればいいのに。

債務整理とは、いまある借金を支払いやすくするために、裁判所で調停委員のおじさんや、おばさんと話し合いをする特定調停や、司法書士さんなどにお願いして支払先と任意で話し合いをする任意整理、すべてをゼロにする破産などに分かれています。自分の状況によって、どの債務整理がいいのか分かれているので、それを確認してみましょう。

まず、金利を止めてもらって、元金だけの支払いをするのが特定調停と任意整理です。両方ともに過払い金を調べてから引き直すので、大幅に元金が減る場合もありますが、最近では初めから18%で契約している人が多いので、かなり古くからの契約の人は破産しなくても支払いが楽になる場合が多いです。そして破産との一番の違いは、今ある資産、たとえば不動産などを処分しなくてもよいということです。破産する場合はすべての資産を精算しなくてはならないので、思い入れのある自宅等がある場合は破産せずに済む債務整理がおすすめです。

次に破産ですが、こちらは自力で裁判所に行って手続きするのはかなり難しいので、司法書士さんなどに依頼するのがおすすめです。手持ちの資産がなくて、今後も継続して支払していくことが困難と判断で来たら破産することがいいでしょう。今では年間に6万件以上の方が破産しています。→

自己破産、13年ぶり増加=銀行のカードローン急拡大-16年:時事ドットコム

破産することは恥ずかしいことではありません。実は、人間は何度でもやり直せるのです。知っているか知らないかだけで、本当は破産してもいいのです。家族に知られたくないというのは無理かもしれませんが、勤務先や友人に破産したことが知られることはありませんので、苦しんでいるなら一人で苦しまないで、無料相談などを利用しましょう。闇金などで借り入れしてしまったら、それこそ家族、勤務先、友人にまで迷惑がかかるかもしれません。どこからも借りられない、返す当てもない、そんな時は闇金などに頼らずに、法律の専門家に頼りましょう。

債務整理とは、もう一度、人生をやり直すための救済処置だと思います。お金の悩みは人生にプラスにはなりません。マイナスにしかならないので、自分に合った債務整理を選んで、もう一度、たのしい生活を立て直しましょう。想像してみてください。毎月の支払から解放されて、自分の好きなことにお金が使えるのです。転んだら立ち上がればいいだけなんです。何度転んでも、何度でも立ち上がれるし、立ち上がっていいということを知ってほしいです。