アルバイト代を前借りする方法

アルバイトを始めたばかりで急にお金が必要な場合や、とにかく早くお金が必要なのに給料日まで待てないという人だと、バイト代の前借りが出来ないかと考える人も多いと思います。仕事の初めは締め日とか支払日とかの関係で、働いたお金がすぐにもらえないこと多いです。

アルバイト代を前借りすることはできるのか、また前借りを申し出る際の注意点、さらに、誰にもバレずにアルバイトの給料を前借りする方法を紹介します。

どんなアルバイトでも前借りできる?

人間生活を送っていると付き合いやそのたもろもろで、急にお金が必要になるケースもあると思います。

貯金などがあればいいのですが、その余裕がない時にバイト代の前借りができると便利ですが、バイト代の前借りは制度化されている企業以外では難しいです。ここでいうアルバイト代の前借りとは、「すでに働いている」分の給料を「給料日より前」に先に支払ってもらうことです。なので、まだ働いていない分、これから働く分を前借りという形でお金を借りることはできません。アルバイト代の前借り、すでに働いた分の給料を前借りする場合についても、制度としてきちんと前借りに応じてくれる会社は少ないのが現状です。

アルバイト代の前借り制度を導入していない企業の場合は、前借りに応じてくれることも稀で、無理にお願いすると職場の人間関係がこじれる可能性もあるのでおすすめできません。

はじめから制度としてアルバイト代の前借りができるバイト先

きらぼし銀行の前給制度という方法で、少ないとはいえ、アルバイト代の前借りができるバイト先もあります。

有名なところではマクドナルドや松屋、笑笑や魚民を運営しているモンテローザや、製造業や工場の求人を扱っているテクノサービス(働くナビ)などではバイト代の前借りができます。これらは、きらぼし銀行の制度を導入して、給料やアルバイト代の前借りを可能にしているそうです。はじめの入社時にアルバイト代の前借りができる旨の説明もありますので、気軽に前借りを利用することができます。すぐにお金が欲しい人は日払い、週払いのバイトのほかにマクドナルドや松屋など、これらの企業でバイトするのもおすすめです。

前給制度がなくても前借りができる場合

  • 個人経営の場合
  • 人間関係がが築けている場合
  • 1度限りの場合

アルバイト代の前借りや前払いができるのはきらぼし銀行の再度を利用している場合や、職場での人間関係が築けている場合では前借りに応じてもらえることもあります。

個人経営の会社であれば、社長の一存で前借りをしてくれることもありますし、信頼関係が築けていれば、上司が社長や役員にかけあってアルバイト代の前借りをさせてくれることもあります。そこまで行くと個人的に貸してくれるかもしれませんね。

ただ、何度も給料を前借りすると、お金に困っていると思われるので、仕事上での不利益も出てくる可能性があります。たとえば、大事な仕事を任せてもらえないとか。ですので、前借りする制度がない限りは、よほど困ったときの一度限りの前借りと考えるのが良いでしょう。一度きりの前借りであれば、個人経営の会社で、信頼関係が築けていれば、前借りが認められるケースがあります。

どんな会社に勤めていてもそうですが、普段から信頼されるような振る舞いをし、困ったら、確実に借りられるというわけではありませんが、誠心誠意お願いしてみると良いでしょう。

アルバイト代を前借りする前に

  • アルバイト代を前借りすると、お金に困っている人と思われる
  • アルバイト代の前借りは何度も利用しないようにする
  • アルバイト代の前借りは最後の手段

アルバイト代を前借りすると、お金に困っている人と思われる

アルバイト代を前借りすると、こんなことがありますよという注意点です。

アルバイト代の前借りをすると、「お金に困っている人」だと思われてしまい、職場に良くない評判が広まったり、だらしない人だと思われる可能性があります。日本人はお金を借りることが悪いことだと考えてしまう傾向がありますので、頻繁に給料を前借りする人は、それだけで評判を落とす可能性があります。お金を借りる手段は、バイト代の前借りだけではなく、人によっては家族や友人に借りたり、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りることができます。

アルバイト代の前借りは何度も利用しないようにする

きらぼし銀行の前給制度がないかぎり、アルバイト代の前借りは社長や上司の厚意でしてくれることが多いです。

当然ですが、何度も前借りすると信用がなくなり前借りできなくなるばかりか、職場での評判も悪くなり、これまで真面目に働いて築き上げた自分自身の信用を失うことにもなりますので、何度も利用しないようにすることも重要です。信用は、お金よりも大事ですよ。

そして、アルバイト代の前借りをするということは、本来もらえるはずの給料が少なくなるので、前借りした分、入ってくる給与収入が減っても大丈夫か、慎重に考えて計画的に行う必要があります。

アルバイト代の前借りは、おそらくお金の工面では最後の手段となりますので、他でお金を借りられないか、どうしてもアルバイト代を前借りしないと無理なのか、慎重に考える必要があります。

まとめ

アルバイト代は前借りできるのか、前借りが制度としてできるバイト先や制度がなくてもバイト代の前借りができるケースを見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • アルバイト代の前借りは初めから制度化されていることがある
  • 制度化されていなくても前借りができることもある
  • アルバイト代の前借りは本当の最後の手段

アルバイト代の前借りは、初めから制度化されていないと基本は難しいです。

マクドナルドや松屋のように、アルバイト代の前借りができるバイト先や、社長や上司と懇意でなければ前借りすることは難しいといえます。

また、アルバイト代の前借りを申し出ることは、自分がお金に困っていることをさらけ出すことになるので、職場でも信用を無くす恐れがあります。

また、お金のトラブルは誰もが避けたいことなので、仕事をまかせてもらえなくなったり、友人を失うことにもつながりかねないので、アルバイト代の前借りは慎重に考えましょう。

お金に困った場合は、家族親戚友人から借りたり、消費者金融や銀行のカードローンなどで借りる方法もあります。

気軽に借りられる消費者金融や銀行のカードローンなどが世の中にはあふれているので、本当にアルバイト代を前借りするのが良いかは慎重に考える必要があります。

プロミスやアコムなど大手カードローンは、はじめての利用者なら最大30日の無利息サービスを受けることができます。

うまく利用すると利息を払わず、または少ない利息でお金を借りることもできます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。